ページライン左
思い出メーカー ダイコロ
D2A アルバム NEXTシステム 製品紹介 採用案内 ダイコロについて HOME
個人情報保護方針 プライバシーポリシー 環境方針 お問い合わせ
HOME > 環境NEWS > 環境NEWSバックナンバー > 環境NEWS No.8
環境活動
環境NEWS
バックナンバー
環境NEWS
No.8 2007年9月10日
グリ-ン化を進める製版・刷版部門(製版部発)
作業改善を目指して現場研修中の印刷部員
日印産連の定めるグリーン基準は、印刷 産業界の環境自主基準です。当社の環境 管理室では、このグリーン基準を環境目標基準の1つとして、環境活動の到達度をチェックしています。

作業改善を目指して現場研修中の印刷部員
※用語説明
☆日印産連 (社)日本印刷産業連合会
☆グリーン基準 日印産連が自主設定したオフセット印刷に関連する環境基
当社の製版部門では、殆どの工程で、このグリーン基準の「水準-1」を達成しています。
工程 グリーン原則 グリーン基準 当社の到達度
製版

(1)デジタル入稿、
  省資源、
  廃棄物発生抑制

<水準−1>
 入稿原稿のデジタル化率:80%以上
<水準−2>
 入稿原稿のデジタル化率:50%以上
H18年前期実績で37%

(2)A:工程のDTP化、
  省資源、
  廃棄物発生抑制

<水準−1>
 DTP化率:80%以上

<水準−2>
 DTP化率:50%以上
<水準-1>を達成
プリント工程を除く全工程

(2)B:製版フィルムを
  使用する工程
  省エネ・省資源、
  VOCの発生抑制

・環境配慮型フィルム現像システムを使用
・廃液および製版フィルムからの銀100%回収
基準をクリアしている
(フィルム工程は全廃)

(3)校正のデジタル化、
  省エネ・省資源、
  VOC・廃棄物の
  発生抑制

<水準−1>
 DDCP等による校正が50%以上

<水準−2>
 DDCP等による校正を推進
<水準-1>を達成
デジタル校正100%
刷版

(1)工程のDTP化、
  省資源、
  廃棄物発生抑制

<水準−1>
 
CTP化率:80%以上
<水準−2>
 CTP化率:50%以上
<水準-1>を達成
 CTP化率:100%

(2)省エネ・省資源、
  有害物質・VOCの
  発生抑制

・現像システムの環境負荷低減の取組み
 <水準−1>
  ケミカルレス印刷版を使用

 <水準−2>
  環境配慮型版現像システムを使用
・アルミ印刷版のリサイクルを100%実施
・<水準-1>を達成
ケミカルレスに全面移行
(H19年10月)
・100%リサイクル達成
参照資料:日印産連「オフセット印刷サービス・グリーン基準」(H18年3月)

ライン
プライバシーマークロゴ 一般財団法人日本情報経済社会推進協会
(JIPDEC)プライバシーマーク付与認定
ISO 14001 JABマーク 大阪本社、大阪工場
EMS 508711/ISO 14001
JCPA 日本商業写真家協会ホームページバナー 写真館ネットワークホームページバナー
思い出メ-カ- アルバムのダイコロ
ページライン右
ページ左下角 ページ下部ライン ページ右下角